「キラキラネーム」という言葉をご存知でしょうか。キラキラネームとは、いわゆる「当て字」のことを言いますが、特に人名に特化した使い方がされています。たとえば、ゲームや漫画、アニメなどのキャラクターの名前をそのまま漢字にして、人の名前にしてしまうのです。

しかしながら、日本では人名に使用することが可能な文字は限られているのが現状です。これは、戸籍の関係から、人名に使用できる漢字が決められているのです。ただし、読み仮名としては自由ですので、漢字の読みに制限はありません。
たとえば、「地球」と書いて、「テラ」などと読むのも自由です。キラキラネームがブームになりだしたのは90年代だと言われています。ある雑誌で「面白い人名」という特集を組んだところ、大きな反響を呼ぶことになり、ブームとなりました。そのブームに乗って、自分の子供にキラキラネームをつける親が増えたのです。

しかし、現在では疑問の声が上がっているのも無視できません。理由としましては、子供が自分の名前に反発を抱くことが珍しくないからです。そこで、現在では改名の申請をする理由の一位となっています。ネット上では、キラキラネームのことを「暴走万葉仮名」や「DQNネーム」などと呼称されることもあります。キラキラネームについてはブームになったこともあって、好意的に受け取られることもありますが、反面問題視されている部分、(学校や医療現場での混乱・性別の混同など)もあり、キラキラネームの議論はまだまだ続きそうです。

子供自身にも影響が大きく、ある程度の年齢まで成長しますと、自分の名前、キラキラネームを嫌がるケースも少なくありません。その証拠に2011年度より、小中学生の「うつ」増加が問題視されていますが、一番の原因はキラキラネームとなっています。子供は自分の名前を自由に決めることは出来ません。キラキラネームをつけること自体は良くも悪くもありませんが、一時期の感情でお子さんの名前を命名するのは少し早計だと言えるでしょう。お子様の命名にキラキラネームをつける前に、よく周囲の人とも相談されるのが賢明でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>